ホーム > 真空パック > 函館造り"いか塩辛"

函館造り"いか塩辛"

  • 2010年1月26日 10:50
10-01-26hokushoku00.jpg
  • 商品名:函館造り いか塩辛
  • 製造者:北食 函館工場
  • 内容量:80g
  • 価格:105円
  • g単価:1.313円
  • 購入日:10.1.22
  • 購入先:コープさっぽろ
  • 賞味期限:購入日現在(10.1.22)のもので、10.2.13が表示されていた。
  • イカ産地:ペルー沖、国産
  • 原材料:いか、食塩、いか肝臓、砂糖、醗酵調味液、唐辛子、D-ソルビトール調味料(アミノ酸等)酸味料酒精着色料(紅麹色素)増粘多糖類 (計12種類)

食べ切りサイズの小パック。商品名の目立つ位置に北海道の地図と"函館直送"の文字が!?。サブタイトルの"函館造り"も光る。おもわずイカは絶対"函館近海産"と想像してしまう。確かに工場は函館だからネ~。しかたないか。塩辛加工用のペルー沖イカってどんなイカなのか、今度じっくり調べてみよう!おそらく遠洋イカ釣り漁業特有の"アカイカ"あたりと思うけれど...。
お味の方は、少々砂糖多しの甘めでやはり定番の添加物がきっちり含まれ、"作られている味"の感が強い~(若干、四角い味?)。微妙な粘りと赤みも若干気になる。イカの短冊度合いは小さめでおおむね均一だが、どの短冊がペルー産で国産かは識別不能?(当然)。ペルー産がアカイカなら、歯ごたえを感じる方がそれかも?短冊原材料の産地表示の順番がペルー沖が先なので、きっとペルー沖のイカが多めなのかもしれない?イカ足、耳は含まれず。
一人前食べ切り用として、朝ごはんの付け合せや晩酌セットにお値段だけで?考えればお手ごろかも。ところで、イカ産地の表示に"国産"とあるけれど"函館産"と書けない理由が何かあるのだろうか?

■あまったるい度 rank.gifrank.gifrank.gifrank.gifrank_kara.gif
■しょっぱい度   rank.gifrank.gifrank_kara.gifrank_kara.gifrank_kara.gif
■うまいべ~度    rank.gifrank_kara.gifrank_kara.gifrank_kara.gifrank_kara.gif


ホーム > 真空パック > 函館造り"いか塩辛"

翻訳
道南地方・函館の天気
フィード

  今日: 
  昨日: 
  累計: 

このページのTOPへ