ホーム > プラケース > むかしの塩辛

むかしの塩辛

  • 2010年2月 9日 21:53
10-02-01marunama.jpg
商品名"むかしの塩辛"のサブタイトルに"北海道 函館"の目立つ文字が目を引く。商品名の左側には小さな文字で"函館沖でとれた新鮮ないかを昔ながらの素朴な味付けで漬け込みました。"とある!自信を 持って"原材料名"にも"いか函館産"と...。パッケージも食べ切りサイズの塩辛にしてはデザインが良く、極端に平たいプラケースの形状もおしゃれ。
着色料はしっかり感あり。切り身の大きさは普通で切り方は不揃い。いか本体の身が少なく、耳と足などの"いかの半端部分"が多いような気がする。特に耳部分および足付け根の身が多い。(原価を考えてのことかも?)粘り具合は普通。
あまさは強いが、しょっぱさもほどよく、トータル的に味に角なく丸い。ほどよい麹で、味のくどさも感じない。
100円でこの味だとなかなか納得でお奨めかも?!まぁまぁおいしい。
本来の"むかしの塩辛"は単純なしょっぱさ感とシンプルな味わい強さが売りと思うので、この塩辛は"現代版アレンジむかしの塩辛"かも?!酒の肴、ごはん両方にOK。

■あまったるい度 rank.gifrank.gifrank.gifrank_kara.gifrank_kara.gif
■しょっぱい度   rank.gifrank_kara.gifrank_kara.gifrank_kara.gifrank_kara.gif
■うまいべ~度    rank.gifrank.gifrank.gifrank_kara.gifrank_kara.gif

ホーム > プラケース > むかしの塩辛

翻訳
道南地方・函館の天気
フィード

  今日: 
  昨日: 
  累計: 

このページのTOPへ