ホーム > 真空パック > 前浜造り いか塩辛 "甘口"

前浜造り いか塩辛 "甘口"

  • 2010年2月15日 21:39
10-02-13odajima.jpg
スーパー店頭の塩辛コーナーには、"創業大正3年!函館・小田島水産の塩辛"のPOP広告が...。でも、スタンドパックの裏にはなぜか小田島水産の製造者名がなく、販売者名のみ表記されている?(裏確認→表示
地元スーパー用の"隠れ小田島製塩辛の真空パック版"かも?!
他のスーパーには"小田島水産のプラケース版"がしっかりと製造者名入りで売られているけれど...?どこが違うのか近いうちに食べ比べてみよう!
店頭のPOP広告が正しいとすれば、小田島水産の塩辛はイカ釣り漁船でいっぱいの"函館入船漁港"の弁天町で製造されている。新しい入船漁港の方には、クジラも水揚げされる函館でも歴史が古い漁港のひとつ。函館山のふもと、函館ドック外人墓地も近くにあるょ。ここで造られている塩辛は、こだわりの"本樽仕込み"の手作り特製品とのこと。
色合いは自然色の塩辛カラー。粘りも自然でサラッとしている。切り身はしっかり感があり、その形状も長めできれい。塩辛の仕上がり具合が非常に美しい。丁寧な仕込みを感じる。
塩、甘さのバランス良く、歯ごたえも良い。添加物も他メーカーよりは少ないがそれなりに入っているのに、なぜか自然な味わいの塩辛感が強い。やはり、こだわりの"本樽仕込み"のせい!?
都会人にも好まれる、ほど良い塩加減を自然に感じる塩辛。アツアツごはんには最適!

■あまったるい度 rank.gifrank.gifrank_kara.gifrank_kara.gifrank_kara.gif
■しょっぱい度   rank.gifrank.gifrank.gifrank_kara.gifrank_kara.gif
■うまいべ~度    rank.gifrank.gifrank.gifrank.gifrank_kara.gif

ホーム > 真空パック > 前浜造り いか塩辛 "甘口"

翻訳
道南地方・函館の天気
フィード

  今日: 
  昨日: 
  累計: 

このページのTOPへ